KYOKUTO SANKI RECRUIT 2021

KYOKUTO SANKI RECRUIT 2021

いつか自身が販売の第一線に立ち、

極東ブランドを国内外に広めたい

極東産機の営業って
どんな仕事?
彼らのリアルな一日を
ここでチェック!

営業職

竹下 貴士

Takashi Takeshita

部署:インテリア事業部

卒業学部・学科:外国語学部 英米学科

入社年度:2018年度

現在の仕事内容と、そのやりがいについて教えてください。
現在の仕事内容は、当社製品などを販売代理店に対して提案するルート営業です。また代理店のみならず、ユーザーである職人さんとの接触時に当社製品のPR活動をおこなっています。糊付機のトップシェアを誇っているメーカーだからこそ、大きな商業施設の現場から戸建て、マンションなどに当社の糊付機が現場で使われるのを見ることがあります。そこで、実際に建物が完成していくのを見ると、我々の製品が役に立っていると実感でき、やりがいを感じられます。
職人さんや代理店さんなど、仕事での印象的なエピソードがあれば教えてください。
販売代理店様の展示会に参加する際に、自分が一から企画し、販売代理店様とともに試行錯誤したブースが目の前に完成し、お客様の求めている商品を販売できて、初めてその展示会の売上目標を達成できたときは感無量でした。また、実際にその商品が現場に使用されて職人さんの仕事の効率化・省力化に繋がっていることを聞いたとき、とても嬉しく思ったのは今でも鮮明に覚えています。
極東産機の営業として、心がけていること、重要なこと、求められることは何でしょうか?
会社の顔としてお客様に信頼され、良好な人間関係を築いていくことが必要不可欠です。またルート営業だからこそ、より取引先との距離が近く、営業を重ねるごとにお互いの信頼関係を構築できます。だからこそ、コミュニケーションを一番大切にし、日々の信頼を勝ち取っていけるように心がけています。
将来の夢・目標について教えてください。
日々の営業活動を通じて当社や当社製品の素晴らしさをより多くの人に知ってもらうこと、また他の方から今よりももっと必要とされる社員になり、どんなとき、どんなところでも必要とされる人財になりたいと考えています。そして一番の夢と目標は、まだまだ先のことですが当社製品が世界に進出できるようになり、そこで自分が第一線に立って国内外でも活躍できるようになることです。

一日の流れ

1日の流れ1日の流れ