へりなし畳制作時に必要な畳表の「折り曲げ作業」を簡単に!

畳表折曲器

主な特徴

未経験者でも簡単加工
畳製造の経験が少ない方でも均一な仕上がりになり、効率良くへり無し畳の製造が出来ます。
てこの原理で簡単に畳表を折り曲げ・クセ付けが出来ます。

折りたたみ出来るテーブル
左右のテーブルが折りたためるために、使わないときは場所をとりません。

折り曲げ手順は簡単!
①折り曲げたい位置にあわせて畳表を挟み込みます。
②折り曲げ位置に軽く印(線)を入れます。
③ハンドル操作で、畳表を約150°折り曲げます。
一畳サイズにも対応
半畳ものだけでなく、一畳ものも2回に分けて折り曲げすることができます。

仕様

品番 A1-9000
品名 畳表折曲器おりひめ
寸法 1,216(W) x 620(D) x 962(H) mm(テーブル収納時)
1,940(W) x 1,075(D) x 962(H) mm(テーブル開時)
質量 70Kg
折り曲げ最大幅 1100mm (2回に分けて曲げることで2200mmまで対応)
表チャック最大長さ 75mm
折り曲げ板旋回角度 150度(90度以上はクランプレバーを解除する必要有り)
テーブル寸法 サイドテーブル閉時:1,108(W) X 900(D) mm
サイドテーブル開時:1,940(W) X 900(D) mm
畳表チャック機構 3箇所
キャスター 75mmキャスター x 4箇所 ブレーキ付き
備考 ※製品仕様は改良等のため、予告なく変更する場合があります

動画