畳経営コンサルタントがおすすめする 畳割付計算システム

畳割付計算ソフトウェア

畳経営コンサルタントがおすすめする 畳割付計算システム

大黒天NEOは、畳割付計算を誰にでも出来るようにするソフトウェアです!
寸法間違いにより、年に数十枚の不良畳(損害)を出していませんか?
ベテランの職人さん、もしくは社長さんが病気になった場合のことを考えておられますか?
過去の割付データを利用して、次の注文を取る仕組み作りが出来ていますか?
敷込後の手直し(寸法修正・作り直し)に何回も足を運ぶことはないですか?

新機能追加。部屋のレイアウトパターンが充実。

■ミリ入力が可能。
■框方向の小間中の入力が可能。
■シール印刷がタックシールに対応。
■部屋データの指定・非表示の選択ができます。
■入力画面から割り付け結果の画面表示ができ、再度入力変更ができる簡単操作。

新機能追加!

部屋のレイアウトパターンが充実
■ミリ入力が可能。
■框方向の小間中の入力が可能。
■シール印刷がタックシールに対応。
■部屋データの指定・非表示の選択ができます。
■入力画面から割り付け結果の画面表示ができ、再度入力変更ができる簡単操作。

ヘリ無し畳制作時の割付~データ送信対応

【拡張された機能】
・ひかえ寸法。※1の入力が可能です。
・割付結果表示画面で、補正した後の割付結果がわかります。

縁なし畳は縁をつける畳に比べ縁をつける面を畳表を巻く分小さく裁断します。
この小さく裁断する寸法(ひかえ寸法)を割付計算時に調整することを可能にした機能です。

※1 表の厚みを見込んで床を小さめに作るための差し引き寸法

・部屋単位印刷時に、補正後の寸法を併せて印字します。

カネが上前右の場合は左回転

データ送信の時は、補正した寸法で送信します。

(1)市松敷きは、寸法を框と返しのデータ2回に分けて連続送信します。※2

(2)市松以外の場合は、巾を補正をした寸法で送信します。

●:カネ(直角)の印  _:下前側の印

カネが上前左の場合は右回転

※2
半畳市松敷きの場合は框裁断機で四辺を裁断して畳を製造します。始めに框側のデータを送信して裁断後、カネとクセの位置関係から上前側の向きを決定し、90度回転させて返し側データを送信して残りを裁断します。

見やすい出力で寸法ミスを削減!

・寸法表示を活字の数字に置き換えることにより、見間違い・勘違いを防止できます。

 

・原寸(括弧内)と割付結果(部屋の周りの寸法)が同時に印刷されますので、入力ミスを事前に防ぐことができます。

畳裏書きシールで間違いのない商品管理

裁断した後の床に畳シールを張ることにより、間違いを防止できます。

 

~大黒天NEOをお持ちの方へ~

下記ボタンをクリックしていただければ、最新の「大黒天NEO」へバージョンアップすることができます。
※作業前に、必ず大黒天NEOのデータベースのバックアップを取って下さい。
1.コントロールパネル→プログラムのアンインストールから、旧バージョンの「大黒天NEO」をアン   インストールして下さい。
2.「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックし、最新の「大黒天NEO」をインストールして下さい。
3.「大黒天NEO」を起動して下さい。
→ 初回起動時に現在のデータベースが最新版に更新されます。

◆ダウンロードはココをクリック◆

※別サイトからのダウンロードとなります。

仕様

品番 KK6-0300
品名 畳割付計算ソフトウェア「大黒天NEO」
プロセッサ 1.0GB以上必須(2.0GByte以上推奨)
メモリ 1.0GB以上必須(2.0GByte以上推奨)
ハードディスク 3.0GByte以上の空き容量のあるハードディスク
ディスプレイ 解像度1024×768 HightColor
ドライブ DVD-ROMドライブ必須