トップメッセージTOP MESSAGE

頃安雅樹

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。
期待とともにスタートした2020年でしたが、思いもよらぬ新型コロナウイルス感染症の拡大により、客先主催の展示会は軒並み中止となり、営業訪問も自粛せざるを得ないなど、事業活動にも大きな影響が出ました。
しかし、「ピンチをチャンスに!」は私の信条であります。ピンチとチャンスは表裏一体であって、ピンチをチャンスに変えられるか否かは、ひとえに経営者の心の持ち方次第であると確信いたしております。
Withコロナの新時代における「新しい生活様式」が標榜され、リアルで実施・開催されていたものが一斉にリモートに移行していく中で、当社におきましても、本年10月からスタートした新年度(第73期)の最重要方針として「『新しい営業方式』と『職場環境の変革』の推進」を掲げ、全社一丸となって取り組んでおります。
さて、本年10月1日に株式会社ROSECCを子会社化いたしましたが、同社はウォータージェット技術、ロボット技術を活かした各種の自動化システムの開発等を得意としており、コア技術の活用によるオーダーメイド産業機器の開発を重点方針とする当社との間で今後のシナジー効果の発揮が大いに期待できます。現在鋭意検討中の当社神岡工場の新設・改修計画の実施と相まって、当社インダストリーセグメントの進展を更に図ってまいります。
一方、翌2021年には、ともに日本初の発明であるプロフェッショナルセグメントの主力製品、「自動壁紙糊付機」が販売50周年、「コンピュータ式畳製造システム」が販売40周年の節目を迎えることとなります。これを機に、それぞれの業界トップシェアをより一層不動のものとすべく、張り切って販促活動に努めてまいります。
以上の他、東京証券取引所の新市場区分に応じたコーポレートガバナンスコードへの対応、社会的な要請が高まってきたSDGsへの対応につきましても、上場会社として全力で取り組んでまいります。
引き続き、ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

頃安雅樹