生産設備設計PRODUCTION FACILITY DESIGN

導入事例

フェルト裁断機
裁断

 原反からフェルトを引き出し、必要長さで切断する装置です。

 切断長さは15mm~500mmまで変更可能、エアブローを利用して短いフェルト片でも確実にホッパーに落ちる構造になっています。

 一枚目先端をセットすれば自動運転が可能で、安全性の向上と作業効率の向上を図ることが出来ます。

ホッパー部

裁断状態

カッター部

主な仕様

能力 切断サイクル:約6.5~8.0sec
1サイクル :約20.0sec(500㎜引出時)
日産    :約1,000枚
ワーク フェルト
厚み:2.3㎜×30m巻、重量: 6.3kg
厚み:6.0㎜×20m巻、重量:11.0kg
原反巾  :1,020㎜
最大原反径:φ500㎜
仕様 最小切断丈: 15㎜
最大切断丈:500㎜
ユーティリティ 電源  :三相AC200V 60Hz (制御回路:AC100V、DC24V)
圧縮空気:0.5MPa ドライエアー
主要寸法 850(H) X 1,450D) X 1,800(W) mm