畳店の構造改革STRUCTURAL REFORM OF TATAMI STORE

構造改革、それはあらゆる仕組みを変えること。当社は20年以上にわたり「畳店の構造改革」提案を実施し、これまで数多くの畳店様を支援してきました。

  • 将来の見通しが立たない
  • 仕事量がだんだん減ってきている
  • 値段が安くて利益が上がらない
  • 後継者問題で困っている
  • 高齢化による職人不足
  • 若い人の採用ができない
  • 営業する人がいない
  • 生産の効率が上がらない
  • 設備投資の資金がない
  • 関連分野への多角化への方法がわからない

畳店様が抱えるさまざまな問題を解決いたします

構造改革とは

畳店様を取り巻くあらゆる課題を解決し、さらなる発展を可能にするための「意識改革」「業務改革」「経営改革」のことをいいます。「見方」が変われば「考え方」が変わり、「考え方」が変われば「行動」が変わる。そして「仕事の仕組み」や「会社の仕組み」までを変えていくことができます。

意識改革〈見方・考え方を変える〉

畳業界は衰退産業だ、危機的な状況だ・・・・・・そんな風に思われているかもしれません。しかし見方を変えれば、ライバルが減っている今は絶好のチャンスだと気づくことができます。また畳店様はお客様の家に上がり、直接お話しすることができる大変恵まれた職業でもあります。これからは畳を作るだけの製造業ではなく「製造もできる小売業・サービス業」であるという意識を持ち、お客様に喜んでもらわなければなりません。

業務改革〈行動・仕事の仕組みを変える〉

畳仕事を増やすためのカギとなるのが「営業力の強化」。チラシや看板の見直しなど徹底したPR活動をしなければなりませんが、そのためにはこれまでの仕事のあり方を見直さなければなりません。コンピュータ式畳製造システム導入による「生産の超近代化」は畳の製造に関わる負担を減らし、貴重な人員と時間を営業活動に振り向けることを可能にします。「営業力の強化」と「生産の超近代化」は構造改革を成功させるための車の両輪。どちらか一方だけではうまくいきません。 両方を同時にスタートさせることが重要です。

経営改革〈会社の仕組みを変える〉

これまでの家業から企業へと生まれ変わっていくうえで最も重要なこと、それはしっかりとした経営計画を立てることです。まずは将来の夢やビジョンを持ち、今から3年後、5年後の自社の姿を具体的に描きます。次にそれを実現するために必要な売上・利益計画を作成し、そしてより具体的な1年間の行動計画を立てて実行していきます。当社の畳店専門経営コンサルタントがこれまでのノウハウを駆使し、計画達成に向けて丁寧に指導いたします。

その結果、畳店様の抱えるさまざまな問題点をすべて解決することができます

全国各地で多数の成功実績

山梨県甲府市 堀田畳製作所様

機械の老朽化に加えて先代である父の引退が迫っていたことから、家族を養っていくためにも構造改革を決断しました。設備を一新したことで生産性が向上し、空いた時間を営業活動やボランティア活動に注ぐことができました。夫婦で楽しく仕事をしていた姿を見たのか、現在では長男も京都で修業を積み帰郷、子どもの頃からの夢の畳職人になり一緒に働いてくれています。将来、後継者としてこの店や畳業界を支えてくれることを楽しみにしています。

東京都板橋区 株式会社加藤畳店様

厳しい状況の中でも売上を伸ばし続けている畳店の事例発表を聞き、「自分もそうなりたい!」と思い構造改革に挑戦。家一軒あたりの畳の数が少ない東京23区内でも、地道な営業活動を積み重ねていくことで売上を4倍まで増やすことができました。気がかりだった設備費は増えた売上の中から支払うことができ、現在は近隣に支店を持つまでに成長しています。努力次第で畳仕事はまだまだ増やすことができます!

鳥取県鳥取市 影山疊店様

20年以上勤めた大手企業を退職し、3代目として家業を継ぎました。「人のためにやりがいのある仕事をしたい」という思いを胸に構造改革をスタート。設備投資により一人でも無理なく生産できる体制を整え、さらにコンサルタントの指導のもと、お店のイメージアップやお客様へのフォロー活動に努めました。仕事が増えたことはもちろん、地元の小学校に畳を寄付するなど社会貢献もすることができ、充実した日々を過ごしています。

全国で250店以上の畳店様が構造改革を実施され、いずれも地域一番店として業界をリードしています。
「やってみようという気持ちになった」「具体的な話が聞きたい」、当社はそんな畳店様を全面的に支援いたします。
※「畳店の構造改革」は地域一番店となることを目指します。1地域1畳店様限定でのご提案とさせていただいております。お早めにお問い合わせください。

「畳店の構造改革」小冊子