畳店の構造改革が業界活性化の鍵 〜挑めばチャンス・逃げればピンチ〜
「大前提」


畳店がこれからの時代も引き続き成長を続け、売上を増やしていくための前提条件



 新設住宅着工数が停滞し、4,700万世帯が暮らす国内に5,400万戸の住宅ストックがあるという「家あまり」時代。新設住宅100万戸時代がやってくるのも時間の問題でしょう。

 近頃このような建築市場の中で、ひときわ脚光を集めているのが「住宅リフォーム」市場。これは4,700万世帯の60%が持ち家に住み、しかもそのうちの50%が築20年超というリフォーム適齢期を迎えている現状からきている現実。畳市場も大型物件の新畳下請から、戸建住宅の表替えへとその需要が移り変わっています。

表替市場の詳しいデータがこちらからご覧頂けます!
△ページの先頭へ



 魅力ある住宅リフォーム市場には、新聞紙上を賑わしている「悪徳リフォーム業者」も含め、周辺業界からたくさんの店が参入しています。近い将来には9兆円規模への成長が見込まれる市場だけに、その競争も激しいのは確か。

 しかし、これまでに「畳専門店」として培った技術を背景に他の競合リフォーム店に負けない営業活動を身につけ、競争に勝ち残るという強い信念の元で仕事に取り組めば、拡大する表替市場を制して地域一番店になることが出来ます!

 やる気がある畳店は、市場の波をとらえて成長することが出来ます!

リフォーム業者と畳店に関するデータがこちらからご覧頂けます!
△ページの先頭へ