畳店の構造改革が業界活性化の鍵 〜挑めばチャンス・逃げればピンチ〜
「強力なライバルの出現」




 これだけおいしい「リフォーム市場」、他の業者が黙ってみているはずがありません。住宅関連業種からのリフォーム参入はどんどん増える一方です。

 これらの「リフォーム参入事業者」は、当然畳店にとって大きなライバル。放っておけば、せっかく掘り起こされた「畳表替え」市場を根こそぎさらわれてしまいます。
△ページの先頭へ




 新規参入事業者は、畳に関しては所詮素人。これまでに技術を蓄積してきた畳専門店とはレベルが違います。

 リフォームに対して求められている「工事の質・技術」に関しては、負けるはずがありません。このアドバンテージを活かして、積極的な営業展開を行うことが出来れば、「畳表替え」市場を制することができるのです。
△ページの先頭へ


△ページの先頭へ