TOPページへ
おかげさまで全国280店!畳のことならJCSグループ 
畳のトリビア〜畳に関する雑学・知識を貴方へ〜
あなたの周りにある「畳」には、意外に知られていない面白いネタがたくさんあります。つい人に教えたくなる、畳に関する「雑学・知識」をご紹介しましょう。

trivia No.3 畳のサイズは、関東と関西、地域によって異なる。

 建物のチラシには、部屋の大きさの目安として必ずといっていいくらい書かれている「LDK○畳」といった表示。でも、実際に部屋に入ってみると「なんだか思ったより狭く感じる」という経験はないですか?これは、基準となっている畳一枚の大きさが、地域によって異なっていることから起こります。

京間(本間)

 現在の和風建築の原型ができた室町時代、京都を中心として「畳割」という建築方法が登場しました。これは、まず畳を並べて部屋を構成し、その周りに柱を立てるという方法です。これが、京間(本間)としてなじみの畳サイズとなりました。京間(本間)は主として関西にて使用されており、その基本サイズは955mm×1910mm(6尺3寸×3尺1寸5分)です。

江戸間(五八間)

 畳が一般にも普及しはじめた江戸時代、工事の効率化を図って建物に使う柱サイズが規格化されました。そして、柱で構成された部屋の内側に畳を敷き込むようにしました。これが「柱割り」という方法で、現在の建築でも主流となっています。柱の中心から中心までの長さを基準にしているので、そこに敷く畳は柱の太さの分だけ小さく、江戸間(五八間)の基本サイズは850mm×1760mm(5尺8寸×2尺9寸)となります。この規格サイズは関東地方をはじめ全国各地で使われています。

その他のサイズ

 これら二つ以外にも、全国各地で様々な畳の基本サイズが使われていますが、いづれの規格においても畳の長辺を丈(たけ)、短辺を巾(はば)と呼び、丈と巾の比はおおよそ2:1です。
規格の種類 サイズ(尺貫法) 主に使われている地域
京間(きょうま)
本間(ほんま)
本間間(ほんけんま)
955mm x 1,910 mm
(3尺1寸5分 x 6尺3寸)
京都、関西地方
中国、九州地方
中京間(ちゅうきょうま)
三六間(さぶろくま)
910mm x 1,820 mm
(3尺 x 6尺)
愛知、岐阜、三重
福島、山形、岩手
北陸地方の一部
奄美大島
江戸間(えどま)
五八間(ごはちま)
関東間(かんとうま)
880mm x 1,760 mm
(2尺9寸 x 5尺8寸)
関東、東北、北海道
東日本の大部分
全国的な標準規格
団地間(だんちま)
公団サイズ(こうだん)
五六間(ごろくま)
850mm x 1,700 mm
(2尺8寸 x 5尺6寸)
公団住宅、アパート
マンション
六二間(ろくにま) 940mm x 1,880 mm
(3尺1寸 x 6尺2寸)
九州地方の一部
六一間(ろくいちま) 925mm x 1,850 mm
(3尺5分 x 6尺1寸)
近畿、中国地方の一部
Copyright (c) Kyokuto-Sanki,co.,LTD All Rights Reserved